【池袋】今も昔も路上ライブが盛ん!

【池袋】今も昔も路上ライブが盛ん!

その土地にはその土地ならではのメンズエステがある……。全国的に店舗数が増加しているメンズエステ。エリア別にメンズエステ事情をお伝えします。本記事で紹介するのは池袋エリア。大都会・池袋の雑踏に紛れながらも、魂の叫びを放つ若者の声を聴け!

【池袋のイメージ動画】

【池袋のメンズエステ事情】

多くの高層ビルや商業施設が立ち並ぶ池袋。新宿、渋谷と同じく三大副都心の1つで、平日、休日を問わず老若男女であふれています。中でも、池袋駅の東口に位置するサンシャインシティは、池袋を象徴するランドマークとして人気。超高層ビル・サンシャイン60は、完成当時、アジアで一番高いビルとして名を馳せていました。

歓楽街の規模も大きく、池袋駅の西口、東口を中心に展開。メンズエステの店舗数も増えてきています。前述の通り、老若男女に愛される池袋ですから、お店のコンセプトも実にさまざま。元気いっぱいの若いセラピストや大人の色気がただようお姉さん系のセラピストなど、あなたにぴったりの癒しの女神と出会えることでしょう。

【今も昔も路上ライブが盛ん!池袋ってどんな街?】

『メンエスラボ』の「メンエスエリア紹介」において、これまで新宿、渋谷の執筆を担当した筆者。今回、池袋を担当することで、筆者1人で三大副都心の制覇と相成ったわけだ。ふふふ、どうだ、すごいだろ。

と言ってはみたものの、実は筆者、池袋は全然詳しくない。新宿のコラムで書いたように、中央線沿線に住んでいたため、遊ぶ目的ならわざわざ池袋まで行く必要がなかったのだ。であるからして、ナンパ目的で31人もの女性に声をかけて全敗したことも、池袋の地ではない。最近になって仕事で訪れることが増えたものの、お恥ずかしい話、いまだに池袋駅の地下は迷子になるほどである。

というわけで、取り急ぎ池袋の人気のスポットを調べてみる。

サンシャインシティ?
なにそれ、キン肉マンの新キャラ?

いけふくろう?
なにそれ、きたろう的なコメディアン?

ナンジャタウン?
なんじゃそれ?

「くだらねえ!」だと!? 待て待て待て待て。人のコラムは最後まで見ろ。あ、ちょっと生意気でした。ごめんなさい。


では、筆者と池袋のとっておきの思い出について語らせてもらおうではないか。

あれは今から遡ること25年、筆者は池袋駅東口にある某銀行のビル前に陣取った。季節は冬がはじまる直前の11月、時間は寒さがこたえる夜の11時。さすらいの路上ミュージシャンであった筆者が選んだ場所だった。なお、当時の路上ライブの人気スポットは池袋駅西口の地下道で、連日、多くの歌うたいが熱唱していた。そう、筆者はビビって逃げてきたというわけだ。

それはさておき、筆者は歌った。かじかむ指でギターをつま弾き、魂を込めてメッセージを叫んだ。しかし、誰も立ち止まってはくれない。禁じ手も使った。若い女の子が視界に入ったなら、急きょ『いつかのメリークリスマス』などの女の子人気が高い曲に切り替えた。しかし、立ち止まってる僕のそばを誰かが足早に通り過ぎる荷物を抱え幸せそうな顔で。

人間なんてしょせんは無情なもんだな……。もし今の時代であったなら、間違いなく筆者は癒しを求めてメンズエステに足を運んでいたであろう。そして、ギターをしまいかけた午前5時、ひとりのおっちゃんが立ち止まったのだ。

「にいちゃん、一曲やってくれ。ただ、新しいのはわからんから、ワシにもわかるやつでな」。そういっておっちゃんは、ギターケースに千円札を入れてくれた。

たまらなくうれしかった。なんとかこのおっちゃんの心にささる歌を届けたい。

筆者「鈴木雅之はわかりますか?」
おっちゃん「おお、マーチンか。知ってるよ。やってくれ!」

遠くの空が白ばみはじめた午前5時の池袋。筆者は『渋谷で5時』を熱唱したのであった。


ちなみにおっちゃんは、歌の途中で帰っていきました。

【関連エリア】

■若者だけのものじゃない!渋谷ってどんな街?
■いくつになっても胸が躍る!新宿ってどんな街?
■麺エス活動もはかどる!? 博多ってどんな街?
■ある意味、THE 大阪?大阪・日本橋ってどんな街?
■そして輝くメンエスソウル!新大久保ってどんな街?
■札幌三大メンエス街!? すすきのってどんな街?
■平和とはいったいなんだろう?広島ってどんな街?
■梅田LOVER!梅田ってどんな街?
■ザギンはひとつのステータス!銀座ってどんな街?
■“夜”だけじゃない!? 六本木ってどんな街?
■郷土料理が美人をつくる!小倉ってどんな街?

 

\SNSでシェアする/

関連記事