【メンエス広辞苑】鏡-うつ伏せ

【メンエス広辞苑】鏡-うつ伏せ

メンズエステで頻繁に使用される用語を動画、画像付きでご紹介!本記事では鏡-うつ伏せについて解説します。施術の気持ちよさにじっくりと浸れるうつ伏せ。一方で、視覚による興奮が薄れるのも事実。そんな弱点を補ってくれるのが、何を隠そう鏡なんです。

【鏡-うつ伏せのイメージ動画】

【鏡-うつ伏せとは】

メンズエステの施術ルームには、ほぼマストで姿見が用意されている。これはセラピストが化粧直しをするためではなく、ましてや紙パンツからこぼれ落ちたものを確認するためでもない。では、いったいなんのためなのか。

うつ伏せは、施術の気持ちよさにじっくりと浸れる体勢だ。しかしながら、視覚による興奮がどうしても少なくなってしまう。そんなときは鏡に注目するべし。セラピストのしなやかな指さばきはもちろん、しとやかに揺れるおっぱいやお尻が見事に映っているではないか。しかも、セラピストの左腕は右腕で、右足は左足、そして左臀部は右臀部であり、股間はまぎれもなく股間という、もう1人のセラピストがそこには存在する。

そうとわかれば、思わず顔がニヤけてしまうこと必至。そんな情けない顔も鏡には映っている。「鏡は真実を映す」とはよく言ったものである。

【関連用語】

■密着-うつ伏せ
■鏡-4TB


■セラピスト:並木塔子 Twitter
■モデル:板垣あずさ Twitter

\SNSでシェアする/

メンズエステをお探しなら、メンエスじゃぱん!