【メンエスにいく!】板垣あずさがメンエス体験!~Jellyfish銀座~第6話

【メンエスにいく!】板垣あずさがメンエス体験!~Jellyfish銀座~第6話

初心者も玄人も必見の体験動画はこちら!元セクシー女優の板垣あずささんが、銀座の人気店『Jellyfish銀座』でメンズエステを体験。「私が男性だったら大変なことになってた……」と振り返る彼女。ご安心ください、同性でも今回ばかりは危険です!

【メンエスにいく!体験動画】

【動画のみどころ】

“ジェリーフィッシュが泳ぐ幻想的な空間で、最高のリラクゼーションをご提供”
“とことん質にこだわった個性豊かなセラピスト”

上記のコンセプトを掲げる『Jellyfish銀座』で、メンエスマスターを目指す板垣あずさちゃんが施術を体験! ラスボス級のドキドキが待っているとはつゆ知らず、メイク崩れを心配するなど少し余裕が垣間見えます。

そんな油断も手伝って、シリーズ最終章にふさわしい絶景が彼女とあなたの眼前に広がるでしょう!

【撮影協力】

■店舗:Jellyfish銀座
■アクセス:東京メトロ「銀座一丁目駅」から徒歩2分
■TEL:090-3338-4732
■営業時間:10:00~翌6:00
■電話受付:9:30~翌4:00
■セラピスト:綾波レイラ 詳細ページ


■モデル:板垣あずさ Twitter

【デスクが斬る!体験動画レビュー】

さすが元AV女優のセクシー美女・板垣あずさちゃん。
常人では事故りやすい“鼻から下だけ”を映したお顔も、なんと気高く美しい……。

って、目元を覆われるなんて、実際やられたら視覚で興奮できなくなるじゃないですか!!

あんなことや、

こんなことが待っているのに!

しかし嘆くのは早計というもの。映像内の会話でも交わされているように、目隠しはセラピストによるありがた~い気遣いなのですから。
ここでは話せない秘密の効能もこっそり紹介していますので、詳しくはメンエス広辞苑【目隠し】のページをご参照くださいませ。

いろんな意味で、まぶしそう。

さてここからは、あずさちゃんのもち肌の美脚を責めまくる脚のマッサージがスタート!

……脚?

ちなみに上から見た図がこちら。ロデオスタイルのセラピストに手脚をがっちりと拘束され、文字通り手も脚も出ない状態です。

あずさちゃんがいたずらをすることはできませんが、その分セラピストからのいたずらが捗りそうな予感。期待通り、ラストに向けて施術のSっ気が高まってまいりました。

セラピストがあずさちゃんのサイドに陣取り、脚を“くの字”に開きます。

その手はSKB(鼠径部)キワキワへ……。

……これ確実に濡れるっしょ。
あ、失礼いたしました。濡れるというのは、オイルの付着を指しています。断じて変な意味ではございません。

もはやディープリンパと呼んでも差し支えないくらいの、かなり豪華なSKB(鼠径部)マッサージ
脚を“くの字”に開かれながら、セラピストには“ほの字”になってしまいそう。

SKB(鼠径部)マッサージ改め、ディープリンパの評判について一言。
いや「恥ずかしがる方も多い」っていうか100人中354人は恥ずかしがるような気がしますが……。メンズエステとは奥が深い。

いよいよ施術も最終段階。セラピストがあずさちゃんの上半身へと移動します。

待っているのは、肩のマッサージ。親孝行を思わせる、なんだかのどかな響きです。ここまで散々恥ずかしい目に遭ってきたあずさちゃんですが、最後はのほほんとハッピーエンドを迎えられそうですね。

なんか、イメージしている肩揉みとずいぶん違いましたけど……。

仕上げに鎖骨を押してリンパを流し、これにてすべての施術が終了。セラピストの「ありがとうございました♡」に、あずさちゃんも「ありがとうございます」と応答。お二方とも、こちらこそありがとうございました!!

エンディングは寝たままで。ピロートークっぽくていいですね♡

【総評】
放チン状態。

レビュー人:アラサーD(あらさーでぃー)

秋田県出身。
メンエスラボの各種テキストやTwitterを担当し、デスクとして奮闘中。学生時代の専攻はスペイン語だが、今や隠語や淫語が専門となった。
血液型はAB型。好きな言葉は「ケ・セラ・セラ(なるようになる)」。

【各話へのリンク】

■メンエスにいく!~Jellyfish銀座~第1話
■メンエスにいく!~Jellyfish銀座~第2話
■メンエスにいく!~Jellyfish銀座~第3話
■メンエスにいく!~Jellyfish銀座~第4話
■メンエスにいく!~Jellyfish銀座~第5話

\SNSでシェアする/

カテゴリーアイコンカテゴリー:
メンズエステをお探しなら、メンエスじゃぱん!