【メンエス広辞苑】セラピスト-女性OK

【メンエス広辞苑】セラピスト-女性OK

メンズエステでよく使われる用語を動画、画像付きでご紹介!本記事ではセラピスト-女性OKについて解説します。メンズエステは原則的に男性向けですが、中には女性客OKというセラピストも。女性同士の施術は、どんな風景が繰り広げられるのでしょう。

【セラピスト-女性のイメージ動画】

【セラピスト-女性OKとは】

男性がターゲットのメンズエステだが、一部のセラピストは女性客も歓迎する。「女の子だってかわいい女の子に癒されたい!」という需要に、「女の子だってかわいい女の子を癒したい!」と応じた格好だ。同性同士ならではの安心感のもと、ハートフルな平和空間がそこに広がることだろう。

と思いきや、同性同士ならではの甘い罠が潜むのも事実。何しろセラピストは、女体のなんたるかを文字通り身をもって知っている。あんなところやこんなところをどんなふうに責めればいいのか、弱点などお見通しだ。安心という名の油断に陥った女性客はひとたまりもない。現に、メンズエステの施術を体験したとある女性は「途切れない刺激のせいで、没頭するとイケそうなくらい気持ちいい」との報告書を提示していた。

【NK】だろうと【GBK】だろうと男性客がイクのはご法度だが、女性客のそれはいかなる扱いを受けるのか興味深い。ひとつ断言できるのは、女性客への施術風景は艶かしくかつ麗しく、目撃すればこちらもイキかねないという点だ。その真価は本項目のほか、メンズエステの体験動画『メンエスにいく!』を併せて参照されたし。

当然ながら施術の際は、女性客も男性客と同じく【紙パンツ】の着用を義務付けられ、羞恥に喘ぐ運命にある。なお紙ブラジャーが用意されており、さすがにパンツ一丁にはならないため心配しなくてよい。とはいえ材質上、【CKB】が浮きやすいのが利点、いや難点。女性各位よ、股間が膨張する男性の気苦労を、少しはご理解いただけただろうか。

【関連用語】

■セラピスト-スレンダー
■セラピスト-巨乳


■撮影協力:インフィニティスパ
■モデル:板垣あずさ Twitter

\SNSでシェアする/

メンズエステをお探しなら、メンエスじゃぱん!