【博多】麺エス活動もはかどる!?

【博多】麺エス活動もはかどる!?

その土地にはその土地ならではのメンズエステがある……。全国的に店舗数が増加しているメンズエステ。エリア別にメンズエステ事情をお伝えします。本記事で紹介するのは博多エリア。一味違った切り口でお届けするエリア紹介コラムも併せてお楽しみください。

【博多のイメージ動画】

【博多のメンズエステ事情】

九州最古の駅のひとつである博多駅は、名実ともに日本屈指の主要ターミナル駅。利用者はビジネスマンから観光客まで多岐にわたり、その幅広いニーズを表すかのようにメンズエステのジャンルもさまざま。

価格帯、セラピストの年代やタイプ、マンション型か派遣型か店舗型かといった営業形態に至るまで、多種多様な選択肢に恵まれるのが特徴です。

【麺エス活動もはかどる!? 博多ってどんな街?】

博多といえば、老若男女が瞬時に名物を列挙できるような、日本屈指の人気観光地だ。明太子やモツ鍋をはじめとするグルメ、博多ポートタワーにキャナルシティ博多といった施設、博多祇園山笠と博多どんたくに代表される祭事、天神・長浜と並び“福岡3大屋台街”に数えられる中洲など、定番中の定番だけでも枚挙にいとまがない。

そんな博多の栄華は、遠く離れた東北に住まう私にまで恩恵をもたらしている。東北のとある銘菓を私が土産で渡す際、「これは博多通りもんによく似た味のスイーツだよ」と説明しさえすれば、誰もが「あの博多通りもんに!?」と目を見開いてひれ伏すのだ。「バターを贅沢に練り込んだ風味豊かな白餡が、素朴な甘さのしっとり生地に包まれて……」などと御託を並べるより、よほど手っ取り早いしウケもいい。

ちなみに私に博多通りもんの味を教えてくれたのは、前職の先輩社員にあたる博多美人。彼女からは博多銘菓のほか、「これ食べり~」というキュートな博多弁とともに、袋入りの博多ラーメンをもらったことがある。繊細に見えて芯がしっかりしており、なめらかで品のある色白。彼女を体現したかのような麺に私はいたく感動し、「いつか博多ラーメンを現地のお店で食べてみたい」と願うようになった。

なお博多ではメンズエステも堪能するつもりでいる。バリカタに凝り固まった我が肉体とて、生の博多美人セラピストは物腰やわで受け入れてくれるはずだ。無論、施術前のシャワーは湯気通しなどもってのほか。丹念に身を清める所存である。

オプションも注文しようではないか。“油多め”は本州で済ませるとして、博多ではパウダーのトッピングがいい。施術後の粉落としが楽しみだ。すべての技を食らった頃、我が心身はズンダレと化していることだろう。

博多といえば、老若男女があまたの魅力を瞬時に挙げる。中でも“博多美人による癒し”は、男性にとってその筆頭。厳格たる九州男児が博多の地で育まれるのも、誘惑に打ち勝つべくしてなのかもしれない。

【博多でオススメのメンズエステ】





















【関連エリア】

■若者だけのものじゃない!渋谷ってどんな街?
■いくつになっても胸が躍る!新宿ってどんな街?
■ある意味、THE 大阪?大阪・日本橋ってどんな街?
■そして輝くメンエスソウル!新大久保ってどんな街?

\SNSでシェアする/