【六本木】“夜”だけじゃない!?

【六本木】“夜”だけじゃない!?

その土地にはその土地ならではのメンズエステがある……。全国的に店舗数が増加しているメンズエステ。エリア別にメンズエステ事情をお伝えします。本記事で紹介するのは六本木エリア。夜の街や高級街とイメージされがちですが、実は意外な一面が!?

【六本木のイメージ動画】

【六本木のメンズエステ事情】

日本でも有数の繁華街として知られる六本木。東京都港区に位置し、2000年代に行われた再開発以降は特に、セレブの集う街としてのイメージが広く浸透しました。中でも六本木ヒルズに住む、あるいはオフィスを構える人々は“ヒルズ族”と呼ばれ、富裕層や成功者の代名詞として扱われたことも。

そんな六本木は、メンズエステも同様に高級店が多く存在。東京ミッドタウンでの買い物や、国立新美術館での芸術鑑賞を楽しんだあとは、洗練されたルックスの美女と過ごす極上の時間をご堪能ください。

【“夜”だけじゃない!? 六本木ってどんな街?】

諸兄は六本木という街にどのようなイメージを抱くだろうか。

いや、みなまで言わなくてもいい。「ザギンでシースー(※1)ときたら、ギロッポンでグーフー(※2)っしょ!」と、テクノカットのギョーカイジンが金のアクセサリーをジャラジャラを鳴らしながら闊歩していたり、ボディコンに身を包んだイケイケのギャルたちがディスコで明け方まで踊り狂ったりと、そういったところだろう。

なに、時代が古い? では時代の最先端、ナウでヤングな例を出すと、高級ホテルなんかにあるナイトプールだ。色とりどりのネオンライトがSNS映えすると、こぞってパシャパシャ写真を……なに、そこまで最先端ではない? 静粛に。

兎にも角にも、六本木に対してギラギラとした夜の街あるいはセレブが集う豪奢な街という印象を持つ人は少なからずいるだろう。そうであってくれないと話が始まらないので、ここはひとつ「ハイ」と頷いてほしい。

そう。確かにバブル時代に人気を博したディスコチェーン店『マハラジャ』は六本木にて復活を遂げたし、六本木ヒルズレジデンスや泉ガーデンレジデンスなどの高級マンションが立ち並ぶのも事実だ。ところがどっこい、その一方で、国立新美術館やサントリー美術館ではさまざまな芸術に触れられる。食事や買い物を楽しみたければ東京ミッドタウンがある。テレビ朝日本社では国民的猫型ロボットと記念撮影ができ、毛利庭園では自然の美しさを堪能できる。ああ、けやき坂通りやさくら坂通りをただぼうっと散歩するのもいいだろう、といった具合に、何も六本木は“夜”や“セレブ”に限った街ではない。初々しいカップルのデートはもちろん、家族連れで訪れても十二分に楽しめる街なのだ。どうだ。不思議と胸の奥が「キュン」と高鳴らないだろうか。

ピンとこない諸兄のために、わかりやすく例を挙げよう。いかなるときでもバッチリメイクを欠かさないモデル級の美女が、うっかりドジを踏んで赤面したとき。あるいは、真面目で堅物かと思っていた委員長が、不意に柔らかく微笑んだとき。「ふぅん、そんな一面もあるんだ……」と親しみを感じ、不思議と心の距離が近くなったような心地がするだろう。従来のイメージにギャップが新たに加われば、より相手を好きになる。六本木も、これと同じ話だ。

さて、筆者の伝えたいこともよくわかっただろう。そうであってくれないと話が終わらないので、ここはひとつ「ハイ」と頷いてほしい。

(※1)「銀座で寿司」の意。詳しくは当該記事を参照。
(※2)「六本木でふぐ」の意。パイオツカイデーなチャンネー(※3)と行くのがステータスだったとかそうでないとか。
(※3)「おっぱいのでかいネーチャン」の意。いつの時代も男は首ったけ。

【関連エリア】

■若者だけのものじゃない!渋谷ってどんな街?
■いくつになっても胸が躍る!新宿ってどんな街?
■麺エス活動もはかどる!? 博多ってどんな街?
■ある意味、THE 大阪?大阪・日本橋ってどんな街?
■そして輝くメンエスソウル!新大久保ってどんな街?
■札幌三大メンエス街!? すすきのってどんな街?
■平和とはいったいなんだろう?広島ってどんな街?
■梅田LOVER!梅田ってどんな街?
■ザギンはひとつのステータス!銀座ってどんな街?
■郷土料理が美人をつくる!小倉ってどんな街?

\SNSでシェアする/

関連記事